熊の中の人も大変だ2

さすらいの配達人、何かを呟く、です。

塔が出来ていた

今日も朝から配達へいく。
通りの路面は出ているけど路地に入ったらまだ氷の状態。
で、所により水溜りがあったりしますが、いやなんつうか、まだ2月なんだけどね。
北海道的にはまだ「冬」なんだけど、ちきゅーおんだんかってやつなんですかね?(てか漢字で書けよ)

まあ、今回はボブスレーを使うほどではないのでリュックとバッグで配達。
途中排雪に阻まれて行けない所があるので、これは明日回し。
締め切りは明日一杯だから、まあなんとかなる。

そんなわけで1時間くらいで終了。

家に戻って休んでいると定期物の冊子がどさり、玄関前には冊子のタワーが…

いやまあ、毎度の事だし、しかも今回は6丁増加だからねえ。

さあ、どーしたもんだか。

とりあえず今日はこの冊子をまともに配達する気も無いから、マンション3件分を持ち出して後は一般信を配達しよう。

ということで、1時間半くらいで終了させて、まっくすばりゅで自分の買い物、市場で頼まれている買い物をする。

一箇所で買えば?と思うだろうけど、清算が面倒だったりすると、まあそんなところ。